スペインバスク地方とETAについてのblogです!でも最近は就活のこともupしたりしてます☆ぜひぜひコメント残していってください!


by remona121
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バスクとスペイン内戦

f0050553_2313255.jpg

みなさんは、この絵を見たことがありますか?
これは1937年にピカソによって描かれた『ゲルニカ』という作品です。マドリッドにあるソフィア王妃芸術センター(Centro de Arte Reina Sofia)で本物を見ることができます。

ゲルニカはスペイン内戦中の1937年4月26日、ドイツのコンドル飛行部隊によって爆撃された、バスクの文化的伝統の中心地です。前回書いたように、アギレが大統領の宣誓を行った場所であり、バスク自治の象徴である聖なる「オークの木」があるところです。
この爆撃でゲルニカは町の71%を焼失し、人口7000人のうち約2000人(28.6%)が犠牲になりました。このゲルニカ爆撃の知らせがフランコに伝わると、彼はその責任を否定し、バスク軍が自らガソリンを撒いて破壊したのだ、という声明を発表しました。その後、パリにいたピカソがこの事件を聞き、爆撃で亡くなった人間や動物をモチーフに、パリ万国博のスペイン館の壁画にこの作品『ゲルニカ』を制作し、世界中に戦争の悲劇と恐怖を伝えることになったのです。
ゲルニカ陥落後、バスク軍の最後の拠点ビルバオもドイツのコンドル飛行部隊による空襲を受け、6月19日に陥落します。そして6月27日にはフランコ国民戦線軍(反乱軍)はビスカヤとギプスコアの地方自治特権を廃止し、バスク自治政府は亡命政府となってしまいます。その後、亡命政府はバルセロナ・フランス・ニューヨークと活動拠点を移動しますが、もはや政治的な力は持っていませんでした。
フランコにより自治権を廃止されたバスクでは、バスク語は禁止され、そればかりかバスク的なもの全てが禁止されました。また、バスク人民戦線側を支持したカトリック教の神父たちの中には死刑に処せられる者もいて、このバスクに対する弾圧は海外のカトリック教徒にも衝撃を与え、フランコ政権に対する抗議が集中しました。
第二次世界大戦が終わった1945年、バスク亡命政府は国連やユネスコにフランコ政権による弾圧を訴えましたが、それが受け入れられることはありませんでした。
国連などに受け入れられないことが分かると、バスク民族主義党青年部の中からこの状態を自分たちでどうにかしよう!と立ち上がる者が出てきて、彼らによって1959年「バスク祖国と自由(ETA=Euskadi Ta Askatasuna)」が結成されることになったのです。
一方、アギレは翌年の3月22日に亡命先のフランスで亡くなってしまいました。

このような過程を経て、「バスク祖国と自由(ETA)」は結成されました。フランコ政権による武力弾圧に抵抗するためには、必要な組織だったのだと思います。しかし、ETAは1960年代末からテロ活動を活発化させ、その犠牲者は800人にのぼります。そのため、スペイン政府による取締り、弾圧も厳しくなっていったのです。

ETAの詳細については少しずつupしていく予定です。
by remona121 | 2005-10-28 16:04 | バスク
1931年4月、統一地方選挙が行われました。その結果、王政が廃止されスペイン第二共和国政府が誕生、これとともにバスク・ナショナリズム運動が一気に再開しました。そして、バスク民族主義党(PNV)のうち、バスク独立を求める左派勢力が保守派の打破を目指して分派し、バスク・ナショナリスタ行動党(ANV)を創設しました。
同じ年、第二共和国政府はバスク地方に自治憲章の作成を指令します。1933年11月、その自治憲章案はナバラを除くアラバ・ギプスコア・ビスカヤの住民投票の結果95.89%の賛成を得て認められました。これにより、アラバ・ギプスコア・ビスカヤの3県がバスク史上初めて法的に自治州として認められたのです。一方、バスク3県へのナバラ併合問題は、ナバラで行われた住民投票の結果、全体の53%の反対により実現しませんでした。

1936年7月18日、スペイン各地で軍のクーデターが勃発、フランコ将軍がクーデター宣言を行い、2年8ヶ月に及ぶスペイン内戦に突入します。スペイン本土は共和国政府地域と反乱軍地域に分割され、バスク民族主義党(PNV)は共和国政府に忠誠を誓いました。スペイン内戦勃発からおよそ3ヵ月後の1936年10月1日、バレンシアに移転した共和国政府議会でバスク自治憲章の公布がようやく公布されました。
そして、ゲルニカで行われたバスク人民代表会議で、バスク自治政府の初代大統領にホセ・アントニオ・デ・アギレ・イ・レクベが選ばれました。彼はゲルニカにある聖なるオーク木の下で次のような宣誓を行い、バスク自治政府が誕生したのです。

 Jaungoiluaren aurrean apalik,
 (神の御前に、敬虔に)
 Euzkolur ganian Zutunik,
 (バスクの大地に立ち)
 Asabearen gomutaz
 (祖先の思い出とともに)
 Gernika'ko Zuaizpian
 (ゲルニカの木の下で誓います)
 Nere aginduba Ondo betetzia Zin dagit.
 (私の任務を忠実に果たすことを)


[ホセ・アントニオ・デ・アギレ・イ・レクベ]
→1904年生まれ
→父親はサビノ・アラナとともにバスク民族主義党(PNV)を設立
→プリモ・デ・リベラ独裁政権時代にバスク青年団の指導者として弾圧を受
 けながらナショナリズム運動を行う
→1931年、ビスカヤのグェチョの町長に選ばれる
→第二共和国国会議員となり、バスク自治権獲得を訴えた


ついにバスク地方が法的に自治州として認められました。しかし、フランコ将軍によって彼らの自由も長くは続かないのです。せっかく自治州として認められたのに…
by remona121 | 2005-10-20 21:01 | バスク

バスク青年団

久しぶりにこのブログのテーマであるバスクについての更新です。今回は19世紀後半から始まるバスクナショナリズム運動において、その中核ともいえる組織である「バスク青年団」について書きたいと思います。

19世紀後半、バスク地方はイベリア半島で屈指の重工業地帯へと成長を遂げました。それに伴い、カスティージャ・アンダルシア・ガリシアからの労働移民が急増します。労働移民の増加により、貧しい日雇い労働者や農民があふれ、また工業資本家とプロレタリアート(労働者階級)との対立が激化し、労働者組織が結成されるようになりました。彼らはのちにビルバオを中心としたバスク工業地帯を拠点に社会主義運動を展開するようになります。
↑以上のような社会変動が、バスク人に「バスクの言語や文化の消滅」という危機感を与え、バスク人にナショナリズム運動を促すことになるのです。そしてこの運動が「バスク民族主義党(PNV)」の運動につながります。
しかし、1923年以降、およそ10年間はプリモ・デ・リベラの軍事独裁政権により、バスクナショナリズム運動は弾圧され停止させられます。
しかし、ビルバオの「バスク青年団」はプリモ・デ・リベラ政権による弾圧に屈することなく運動を継続したのです。

[バスク青年団]とは:
  ⇒1904年1月10日、約400人のバスク人青年が集まり結成される。
  ⇒バスクナショナリズム運動の中核ともいえる組織。
  ⇒主な指導者:エリアス・ガジェステギ、ホセ・アントニオ・デ・アギレ
                            (↑バスク人初代大統領)

彼らは、運動が弾圧され禁止されたのちも、カトリック教会の任意団体と偽り密かに運動を続けていました。しかし、彼らの秘密会合が警察当局にばれると、多くの指導者が逮捕され厳しい弾圧を受けました。


彼らが弾圧を受けてまでバスクナショナリズム運動を続けた理由は何なのでしょうか??みなさんはどう思いますか?私はこれから研究を進めていくにあたり、この答えを見つけていけたらと思っています…
by remona121 | 2005-10-12 22:53 | バスク

世界の絶景100選

10日、午後7時からフジテレビで放送していた「世界の絶景100選」見た人いますかー? そこで中尾彬さんと奥菜恵さんがスペインのグラナダ、アルハンブラ宮殿を紹介していましたよね~。そしてアルハンブラ宮殿だけでなく、な・なんと[中尾さん in トマト祭り]の映像も流れたんです!見ましたか~? 私もこのスペインの旅ではトマト祭りに参加しました。そして、お祭りが始まる前に中尾さんを見かけたんです。 建物の上にいた中尾さんに手を振ると、ちゃんと振り返してくれましたよ。いや~初めて見た芸能人だったので、結構感動しました 笑。 この番組をご覧になった方なら想像つくと思いますが、トマト祭りは本当にすごかったです!中尾さんもトマトまみれになっていましたが、私たちは比べものにならないほど、もっとトマトにまみれてきました 笑。 トマト祭りは実際参加すると、想像をはるかに超えるものがあります!あの狭い通りに4万人の若者、トラック6台分(140トン)のトマト・・。 何がすごいのか?って言われてもイイ答えが思い浮かびませんが、とにかくすごかった!笑
by remona121 | 2005-10-11 22:58 | その他

アキバ

「電車男」の影響からか、最近注目されている秋葉原。女性に人気のスポットにもなっているみたいですね。私も「電車男」の影響を受け(?)、昨日アキバこと秋葉原に行ってきました。
昨日は授業が1限しかなかったので1限だけ出席したあと、電車に40分揺られ秋葉原へ。急遽行くことにしたので、どこに何があるかも分からないまま到着。とりあえず、電気屋さんがたくさんあります 笑。それと外国人の方がたくさんいます。観光客が多いためか、電気屋さんのアナウンスは日本語・英語・中国語・韓国語・・・。なんとも国際的な街でした。
実は私たちがアキバに行ったのは・・・・・今流行りの(?)メイドカフェに行くため。「おかえりなさいませ~、ご主人様」と迎えてくれる、あのメイドカフェです 笑。電車男などで見て行ってみたいと思っている人も結構いるのではないでしょうか??私ももちろんその一人で、昨日ついにメイドカフェに初上陸しました。アキバにメイドカフェなるものは15件あるらしく、その中で私たちはドン・キホーテのビル内にあるトコに行ってきました。
お出迎えはもちろん「おかえりなさいませ~」ここのカフェには、メイドさんとプリクラを撮ったりゲームをして遊べる「カウンター席」と、メイドさんと遊んだりすることはできないけど、ゆっくりくつろげる「リビング席」というのがあります。私たちが選んだのはリビング席。席に案内され注文しようとすると、<ご主人様より目線は低く>ということで、膝をついての注文確認。私たちはカフェオレを頼んだのですが・・・なんとメイドさんがガムシロップを入れてかき混ぜてくれるんです!こんなサービス(?)初めてで、これにはホントにびっくりしました。リビング席からカウンター席の様子は見えないのですが、リビング席に限っては意外に普通で、私のほかにも女の子二人組みがいたり、お昼時っていうのもあってか、会社の同僚たちとお昼を食べに来ているという感じの人も結構いました。なので、気軽に行ってみるといいと思いますよ。入る直前に、多少ためらうこともあると思いますが、入っちゃえば大丈夫です 笑。そして帰りは「ありがとうございました~」ではなく、「気をつけて行ってらっしゃいませ~」 なんとも異文化な空間でした。

そのほかには・・・自販機で売っている「おでん」を食べました~。たしか、アキバ限定だったと思います。1缶200円で、お土産用に持ち帰りたいときは常温でも販売してるみたいです。結構おいしかったですよ~。

昨日のアキバツアーはこんな感じでした。もう一度学校に戻らなきゃいけない用事があったので、そんなに時間はなかったのですが、メイドカフェに行けたので充分満足でした。友達同士じゃなくても、カップルでも全然OKな場所なので、みなさんも行ってみてくださいね~。
by remona121 | 2005-10-04 23:07 | その他

Granadaⅰ

8月27日の早朝、コンスエグラからグラナダ(Granada)へと移動しました。
この日は土曜日だったため、1日1本しか走っていないバスに乗り、ラ・マンチャ地方の交通の基点となるアルカサル・デ・サン・フアン(Alcazar de San Juan)へ。そこからレンフェ(国鉄)に乗り換え、4時間半かけてグラナダに到着しました。

<Granada>
グラナダはローマ時代イリベリースと呼ばれて栄えていました。8世紀になるとイスラム教徒が流入し、その後1492年のキリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)完了まで、イスラム教徒によるイベリア半島支配の拠点として繁栄していました。とくにコルドバ王国が分裂し勢力が弱まると、グラナダはイスラム教徒の最後の王朝としてアルハンブラ宮殿を建設し、グラナダ王国の首都となりました。そして、1492年にキリスト教徒がグラナダ王国を征服したのちも、約1世紀にわたり繁栄し続けました。

(*レコンキスタ:8世紀にイベリア半島を支配したイスラム教徒に対して、キリスト教徒がその領土を奪い返し、イスラム教徒をイベリア半島から追い出そうとした戦い。)

ついでに…1492年は、スペインにとってもっとも重要な年と言えます。というのは、1492年はレコンキスタの完了の年であると同時に、コロンブスがイサベル女王の援助を受け新大陸(アメリカ大陸)を発見した年でもあります。その後スペインは世界中に領土を広げる大航海時代に突入していくのです。


グラナダの見所といったら、なんと言ってもアルハンブラ宮殿(Palacio de la Alhambra)。そのほかにもカテドラル(Catedral)、王室礼拝堂(Capilla Real)、アルバイシン地区(Albaicin)などグラナダにはたくさん見所がありますが、まずはアルハンブラ宮殿から紹介していきたいと思います。

f0050553_2116387.jpgグラナダは13世紀前半に築かれたスペイン最後のイスラム王朝、ナスル王国の首都でした。アルハンブラ宮殿は、ナスル王国支配時代(1232~1492)、21代の王によって造り上げられました。この王宮は外見は無骨ながら一歩中に入れば精緻なイスラム芸術の結晶が散りばめられており、「王は魔法を使って宮殿を完成させた」とさえいわれました。「アルハンブラ」とはアラビア語で「赤い城」を意味しており、外壁に使われた石が多量の赤鉄を含んでいたため城壁が赤く見えたことに由来しています。ちなみに「Alhambra」と表記しますが、スペイン語では「h」の音は発音しないので「アランブラ」と呼ばれます。
アルハンブラ宮殿の敷地は本当に広く、ゆっくり回ると2~3時間かかります。一番の見所はやっぱり王宮(Palacios)です。王宮は入場時間が指定されているので、チケット購入の際時間を確認してください。時間は厳しく、指定された時間の5分前とかに行っても入れてもらえません。ということは、遅れても入れてもらえないと思うので気をつけてくださいね。 王宮は鍾乳石装飾のある見事な円天井やアラベスク模様が散りばめられた壁が本当に素敵です。造るのにどれだけ時間がかかったんだろう…?って思うくらい。ぜひじっくり見学してみてください。あとは…ライオンの中庭もなかなか素敵です!f0050553_21172277.jpg14世紀のもので、12頭のライオンに囲まれた水時計からこの名がつけられました。とは言っても、あまりライオンっぽくないんですけどね・・・。王宮のほかにはアルカサバ(Alcazaba)、カルロス5世宮殿(Palacio de Carlos Ⅴ)、ヘネラリフェ庭園(Jardin de Generalife)などなど・・・見所満載です。アルハンブラ宮殿はスペインで人気№1の観光地です。グラナダに行ったら行くしかないと思います。しかし、入場制限もあるので、いつ行くのか決まっているならBBVA銀行に行って事前にチケットを予約しておくことをおすすめします。
by remona121 | 2005-10-02 21:45 | スペインへの旅~paraトマト祭り