スペインバスク地方とETAについてのblogです!でも最近は就活のこともupしたりしてます☆ぜひぜひコメント残していってください!


by remona121
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

歴史ⅳ

<カルリスタ戦争>
スペイン国王フェルナンド7世(1784~1833)には後継ぎとなる子がいなかったため、彼の後継者はバスク地方を拠点とする弟のカルロス(1788~1855)になるだろうと考えられていました。しかし、フェルナンド7世は晩年、ナポリ出身の妻マリア・クリスティーナとの間にイサベルが誕生したため、1713年以来続いてきたブルボン家の女子継承禁止令を廃止し、イサベルに継承権を譲ることにしました。そのためカルロスは王位継承権を失い、1833年の兄フェルナンド7世の死をきっかけに、王位継承権を主張してカルロス5世を名乗り、武装蜂起しました。彼を擁立しようとした人々を「カルリスタ」と呼び、この戦争をカルリスタ戦争(1833~39)といいます。カルリスタはバスクの自由主義を守るという共通の意識によって高まり、法律における平等と社会正義を願って戦いました。

スペイン北部を中心に集結した旧体制を支持するカルリスタ側と、マドリッドを中心とする自由主義勢力が集結したイサベル側によるこの戦いは、カルリスタの敗北で終わりを迎えました。イサベル側の中央政府は戦争中から自由主義改革や土地改革を行っていた結果、近代的ブルジョワの発想に基づく私有権概念が導入され、永代所有財産制が廃止されるなど、農業を主体とするバスク地方では大きな影響を受け、1841年にはバスク地方の地域特別法が廃止されるに至りました。

この戦争の敗北により、立法権を持つ工業地域であるバスクへの課税が盛り込まれ、バスク人の自由の縮小と農民集団の無産階級への移行を目的とするベンガラ協定が結ばれ、カルロスは亡命しました。

<ナショナリズムの高揚>
王政復古を実施した諸党派は自由主義的立憲君主体制を築き、彼らは新体制構築の他に国家の統一主義を考えていました。そして1841年にバスク地方の地域特別法が廃止されたことにより、バスクはスペイン中央政府の一行政単位となってしまいました。

その後バスク地方は中央政府下で、従来から蓄積されたバスクの金融・商業資本を製鉄に投資し、隣接するアストゥリアス地方の石炭と結合して、バスク地方はイベリア半島で屈指の重工業地帯へと成長していきました。しかし、工業化とともに旧カスティージャ、ガリシア、アンダルシアなどからの移民労働者が大量移入し、伝統的なバスク社会は変化してしまいます。とくにビスカヤへの移入が多く、1900年代に入ると首都ビルバオでは人口の47.2%もの人がバスク地方以外からの移住者によって占められるほどでした。

こうなると、伝統的なバスク社会や生活は破壊され、バスクの人々は自らの文化や言語の消滅の危機感に駆られました。そして、彼らはバスク語とバスク文化の保持、地方自治権をスローガンに「バスク・ナショナリズムの父」といわれるサビノ・アラナ・ゴイリを中心にナショナリズム運動を開始することになるのです・・・


以上がバスクナショナリズム運動開始までの、バスクの大まかな歴史です。歴史ⅰ~ⅳまで長々と書いてきましたが、バスク地方が(ナショナリズム運動が)本格始動するのはここからです。今後はテーマを変えて(「歴史」ではなく)考えていきたいと思います。

参考:「バスク民族の抵抗/大泉光一 著」
by remona121 | 2005-09-13 15:48 | バスク