スペインバスク地方とETAについてのblogです!でも最近は就活のこともupしたりしてます☆ぜひぜひコメント残していってください!


by remona121
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

歴史ⅲ

前回パンプローナ王国の誕生のところまで書いたので、その続きです。

パンプローナ王国が誕生した頃、バスク王族出身のサンチョ・ミタラがカール大帝の支配から独立します。このバスク公爵領は10世紀に、全バスクの主ギジェルモ・サンチョの時に全盛期を迎えます。やがてサンチョ大王は、カスティージャ、アラバ、ビスカヤ、ギプスコア、レオン、アラゴンに至る広大な地域にナバラ王国の宗主権を及ぼし、サンチョ・ガルセス3世の時代にスペインキリスト教勢力の中で覇権を握りました。

ナバラはキリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動、711~1492年)の実質的端緒を開いた土地で、ナバラの剛勇サンチョ7世は、イベリア半島からイスラム教徒軍を追放するきっかけとなったラス・ナーバス・デ・トロサの戦いでキリスト教徒軍を勝利に導いた人物です。

しかし、このあとナバラ王国は国力を失っていきます。サンチョ7世の死後、王位継承者がいなくて、そのうえペストの流行により人口が減少してしまったのです。そして、ナバラ王国は衰退しフランスに統合され実質的に消滅してしまいました。

14世紀後半になると、バスクはカスティージャ王国に併合されます。それと同時に、このとき初めてバスク地方北部からバスク民族主義の表明と独自の権利奪回の動きが表面化したのです。

また18世紀になると、ギプスコアではマヌエル・デ・ララメンディが伝統・文化・言語など民族的概念に基づくバスク国の思想を広め、スペインへの統合に反対する立場を貫きました。


なんだか、説明が下手でよくわかりませんね・・・すいません^^;
とりあえず・・・少しずつ、民族主義の考え方が出てきました。

参考:「バスク民族の抵抗/大泉光一 著」
by remona121 | 2005-08-13 16:01 | バスク