スペインバスク地方とETAについてのblogです!でも最近は就活のこともupしたりしてます☆ぜひぜひコメント残していってください!


by remona121
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日本で一番有名なバスク人?

突然ですが、フランシスコ・ザビエル(Dominus Franciscus de Xabier)って知ってますよね?
カトリック教会の宣教師、イエズス会の創設メンバーの一人で、1549年日本にはじめてキリスト教を伝えた人物として有名です。しかし、彼がスペインのバスク出身だってことも知っていましたか・・・?


ザビエル(Xabier)はバスク語ではエチェバリア(Etxebarria=extxe家+barria新しい)といい、新しい家という意味です。ChavierやXabierreなどと書かれることもありますが、当時のカスティージャ語での発音はシャビエルだったと考えられています。現代スペイン語ではハビエル(Javier)です。

ザビエルは1506年4月7日、ナバーラ王国のパンプローナ近くのザビエル城主の家に生まれ育ちました。当時ナバーラ王国は独立を保っていましたがフランスとスペインの紛争の場となり、スペインに併合されてしまいます。この後、バスク人とスペイン、フランスの争いは続き、幼少期を戦乱の日々の中で過ごしたザビエルは聖職者を目指すようになるのです。

1525年、19歳でパリ大学に留学した彼は、そこで同じバスク出身のイグナティウス・デ・ロヨラに出会い彼の影響を受けます。1534年イグナティウスと同士たちはイエズス会を創始し、ザビエルもその一人に加わっていました。

ポルトガル王ジョアン2世の依頼でインド各地やマラッカで布教活動中の1547年、ザビエルは日本人のヤジロウ(アンジロー)に出会い、まだキリスト教の伝わっていない日本での布教を決心します。1549年、ザビエルは案内役のヤジロウ、イエズス会のトレス神父、ファン・フェルナンデス修道士らとともに鹿児島に上陸しました。その後、布教許可を得るために、平戸、山口をへて京都へ向かいます。しかし戦乱で荒れ果てた京都での天皇への謁見はかなわず、11日間の滞在で平戸へ戻り山口に向かいました。そして彼は、そこで宣教活動をしたのち日本での布教をほかのイエズス会士に任せ、インドへ向かいました。その後、中国が日本文化に大きな影響を与えていることを知り、今度は中国での布教を目指します。そして上川島に上陸しますがそこから中国へ入国することは出来ず、そこで病に冒されこの世を去りました。


以上、ザビエルによる日本での布教活動について簡単にまとめてみました。
バスクと日本って何の関係もなさそうですが、こんな身近に(身近ではないけど・・)日本文化に大きな影響を与えていたバスク人がいたなんて、ちょっと驚きでした。

世界史の教科書でおなじみのザビエル載せておきます^^
f0050553_2030518.jpg
by remona121 | 2005-07-29 16:31 | バスク