スペインバスク地方とETAについてのblogです!でも最近は就活のこともupしたりしてます☆ぜひぜひコメント残していってください!


by remona121
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

孤立した言語=バスク語

バスク語はバスク地方に住むバスク人によって話されている言語のこと。バスク語人口はスペイン・フランス合わせて50万~100万人程度です。先に述べたように、彼らはスペイン語またはフランス語を話すバイリンガルです。

バスク語はスペイン語やフランス語などラテン語に起源を持つロマンス語の言語に囲まれているにもかかわらず、そのどちらとも異なります。どちらとも・・というより、世界のどの言語とも異なるきわめて独特な言語なのです。

このようにバスク語が独自性を保ってきたのは、古代ローマ帝国における占領を受けなかったことがその原因の一つにあります。ローマ帝国が地中海方面からイベリア半島に侵入・占領し、イベリア半島はラテン語を母語とするロマンス語系言語を使用するようになりました。しかしローマ帝国は現在のナバーラ州に進入の前線基地を建設したあと、バスクまでは進駐しなかったのです。
また、その後ヨーロッパ・アルプスを越えてガリア(現フランス)にまで進軍したローマの将軍カエサルもピレネー山脈までは至らなかったのです。
このようにバスクはローマ帝国に支配されることなく独自の言語を保持した、といえます。

そして、バスク語はインド・ヨーロッパ語族言語を話す民族がヨーロッパに入ってくる以前から話されていた言語であるとされ(インド・ヨーロッパ語族言語でもないため)、言語学上、孤立した言語(言語的孤島)に分類されるのです。
by remona121 | 2005-07-22 19:09 | バスク